お金 ヒト 時間

飲みニケーションは死語?! 目的のない飲み会に参加する?しない?

更新日:

こんにちは。サラリーマンのひかりです。

サラリーマンのみなさん、最近、同僚や上司と飲んでますか?
そもそも、職場の飲み会に目的ってあるの?いるの?そんなところから、一度立ち止まって考えてみたいと思います。

みなさんは飲み会は好きですか?

飲みニュケーションという言葉はもう死語だと言われることもあるようですね。
今日行く?といった会話が社内で聞こえることは昔よりも減っているのでしょうか。
私は飲み会は好きですねー。
もっと正確に言うと、飲み会のおしゃべりや雰囲気が好きです。あまり大人数の飲み会よりは、1つのテーブルを囲んで話せるぐらいの人数の会の方が好み。
みなさんにとっても、リラックスできる時間の1つだったりするのではないでしょうか?

飲み会に目的はいる?いらない?

・上司に誘われたから
・友達に誘われたからノリで
という飲み会もたくさんありますね。
そもそも目的がはっきりしている飲み会の方が少ない!そんな声も聞こえてきそうです。それはそうですよね。幹事や言い出しっぺが目的を持っているとは限りません。

目的は自分で設定するもの

自分の時間のオーナーは自分自身です。だから、自分で飲み会の目的を設定してみる、と考えてみることもできるのではないでしょうか?誘われた飲み会であっても、自分でその時間を意義のあるものにすることができます。必要なのは、自分がそういう意識でいることだけ。

もちろん、ただただ今夜はいい気分で酔いたいのだ!という日があっても構いません。この場合、目的はリラックスですね。そのつもりで心から楽しんでリラックスすればいいのですから。

行かないと決めたならその分の時間とお金はどう使いたいか?を考えるのもいいですね。

自分の人生は自分の手のひらの中にあることを自覚して時間の使い方を見直してみることは、人生を大切にすることにもつながるのではないでしょうか?

あなたが大切にしたい時間はどんな時間ですか?

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-お金, ヒト, 時間
-, , , , , ,

Copyright© サラリーマンの視点 , 2018 All Rights Reserved.